★3月15日(水) 中村 貴之


今年初めての登場です。遅くなってゴメンよ!

いよいよ、あと3日でフィルコンツアーがスタートします。
準備やら何やらで、アトラストスタッフを始め関係者は目の回る日々だったと思う。
無事に完成にこぎつけた事に、賞賛と感謝を贈りたい。

いつものツアー前なら、今頃、ギターの練習やら、歌詞を身体に染み込ませる作業で
バタバタしているのだが…。いや〜、今回は気楽だ(笑)
純粋に、ツアーが始まる事、そしてみんなに再び会える事にワクワクしている自分がいる。
お互いに元気な顔を見せ合えるといいね。

昨日はホワイトデーだったよね。僕もささやかながら、妻と娘にバレンタインのお返しをしました。慌ててスーパーで買ったためラッピングがなされてないのが、いかにも「やっつけ」という感じで申し訳なかったけど、娘は素直に喜んでくれましたよ。
妻がどう思ったかは不明ですが・・・(笑)。
みんなからも、たくさんのカードやプレゼントをいただきました。ありがとう!

今年の正月は、親兄弟が住む藤沢で過しました。
その為、天野に食べさせる「具の少ない雑煮」を作る事は出来なかったけれど、七草粥の日に、七草粥ならず七種雑煮を作りました。
椎茸・大根・人参・牛蒡・セリ・蒟蒻・そして鶏肉(きっと一関辺りでは入れるだろうな…と推測した)の七種類の具が入った雑煮です。
手前味噌ですが、最高の出来で美味しかったよ!天野も喜んでくれたんじゃないかな。
「まだ具が多すぎ!」と言ってるかも知れないけど、鶏肉以外の6種の具は、我が家では欠かせないのだよ…天野。許せ!

そうそう、娘は「天国の天ちゃんへ」という作文で賞をいただいちゃいました。
きっと、天野も読んでくれたろうと思います。

そんな、いろいろな想いの詰まったフィルムです。
そして、天野の「現在」「未来」を想わせるフィルムです。
楽しいことが大好きな天野のためにも、一緒に楽しくやりましょう!


 


★3月3日(金)   平賀和人


みゆみゆも一緒に観る?
行かない、あっかんべぇ〜!
おとなのフォーク&ロック読本「スローハンド」なる創刊号が昨日3月2日、自由国民社より発売されました。その中で「天野くんのこと」という文章が72P、73Pにまたがって掲載されています。筆者は大越さん。当時、新譜ジャーナルで、とてもお世話になった方ですが、天野くんらしさやN.S.Pの本質が文章を通して伝わってきます。ぜひ立ち読みをしてください(笑)。そして大越さんも最後のほうで書いていますが、いよいよフィルム・ツアーが始まります。コンサートでもないのに全国のイベンターの方々が協力してくれるのは、稀な事だと思います。それだけ天野くんは愛されていたということです。ファン同様に最後まで元気な姿で騙し通した天野くん。この“天野滋を偲ぶ会”で、何とか今までのお返しが少しでも出来ればなと個人的には思っています。
このフィルム制作は困難を極めました。それでもいろんな方々の協力で、目的地に辿り着きそうです。天野くんの大好きだった“良質な単館映画”に仕上がりそうです。
まだまだ観る勇気のない方々も少なくないとは思いますが、観ないと一生後悔します。
このイベントは皆さんが待ち望んでいた形での、それもツアーなのですから。天野くんはとても集客を気にする気の弱い男でした(笑)。最後まで天野くんを男にしてあげてください。